読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コモディティ化するエンジニア

組み込み系のSI屋から、Railsを扱うWeb系のベンチャーに転職した筆者が、日々ミジンコなりに情報を綴るブログ。

「プログラマ脳を鍛える数学パズル」の問題をRubyで解いてみた #2

Ruby プログラマ脳を鍛える数学パズル

プログラマ脳を鍛える数学パズル」の回答記事、第2回目です。

問題文については、残念ながら転載が禁止されていますので、本連載(?)では自分の回答コードのみを掲載していきます。
気になってしまった方は、本を実際に購入し、解いてみることをオススメします。
(実務経験数年のエンジニア何人かの勉強会で、みんなで解いていますが、結構難しいです)

Q2「数列の四則演算」の回答コード

もちろん、私が書いたコードなので、模範回答ではありません。
コード中で使っている、measure doについては、過去記事で書いているので、こちらをご参照ください。

2回目から重たい問題でした....。
evalで、組み立てた数式を評価させればいい、
というところまでは割とたどり着くのですが、
その「数式を組み立てる」という部分が大変です。
本回答では、productという、Array同士の組み合わせを生成するメソッドを使ってみました。
また、0除算や、不正な数値(08など)を避けるために、苦しいですが正規表現でevalにかける前にガードしています。
模範回答よりは桁数変更への柔軟性を持たせられたと思いますが......2問目からこの難しさ、先が思いやられます。