コモディティ化するエンジニア

組み込み系のSI屋から、Railsを扱うWeb系のベンチャーに転職した筆者が、日々ミジンコなりに情報を綴るブログ。

エンジニアの妻と結婚して良かったことと、気をつけていること

本記事は、「妻・夫を愛してるITエンジニア Advent Calendar 2016」の16日目です。

www.adventar.org

惚気話をしていいAdvent Calendarなので、本記事ではエンジニアの妻と結婚して良かったことと、気をつけていることを書いていきたいと思います。

夫婦略歴

  • 夫婦ともに転職を経てのサーバーサイドエンジニア。新卒5年目
  • 出会いはソフトウェア工学の勉強会
  • 結婚して3年目に突入
  • 都内在住だが、お互い実家が遠い(妻:岐阜、夫:北海道)

良かったこと

生活や仕事に理解がある

これが一番大きいかなと思っています。
エンジニアとしての生活は、忙しい時期に波があったり、急な障害対応で遅くまで残らないといけなかったり、そもそも業務外で勉強しないとついていけない世界だったりと、傍目から見るとよくわからない世界です。
そんな生活を、深い説明なしに理解してくれ、時に支えてくれるのは、精神面で大変助けられるものです。
また、業界が一緒ですから、仕事についての相談を互いにすることができます。
今、どんな技術トレンドがあるのか、妻から情報を得られることも少なくありません。

自分の時間と、妻と一緒に過ごす時間を両立できる

休日に異性と出かけるとなると、「楽しいところに連れていかないと....」という脅迫観念が少なからずあると思うのですが、
少なくとも私の妻の場合、「今日は気分転換にコワーキングスペースでもくもく作業やろう!」というのが通じます。
これは「自分の時間を持ちたい」「なるべく妻と一緒の時間を作りたい」という相反する要求が同時に満たせるのですから、何ていうかオススメです。
でも、妻が本当に気分転換したい、と思っている時は、空気を読んで楽しいところに出かけましょう。

やる気スイッチがONされる機会が増える

やる気スイッチとは人それぞれなものですが、私の場合、誰かが近くで頑張っていると「自分も頑張ろう」とスイッチが入ります。
一方、私は本来、さぼることに対して自制の効かない人間なものですから、休日は一日中ごろごろして過ごす、というのが一人暮らし時代はしょっちゅうでした。
それが結婚して二人になると、妻が勉強しようとすると私が触発され、私が勉強しようとすると妻が触発されるという、やる気スイッチの押し合いがなされるようになりました。
もちろん、二人揃ってごろごろ過ごしていることもありますが、そこは逆らわずに休んだ方が良いのかなと思っています。

気をつけていること

できたことを褒める

これは私の妻限定の話かもしれませんが、褒めると喜び、何事に対しても良い結果を出してくれます。(技術的なことに限らず、家事なんかもそうです)
褒めることで妻が成長し、自分にまた良い刺激を与えてくれる。
そんな良い循環が築けているのではないかと思っています。

異性との接触(食事など)に寛容になる

この業界は男性社会ですので、誰かと情報交換しようとすると、その人が男性である、ということがほとんどです。
ですから、男性との接触は、情報交換をする場として必要なものと考えています。
それが彼女にとって必要なものであると信じていますので、異性と食事や飲み会に行くことを私が咎めることはありません。
こう書くと重たい感じに受け取られるかもしれませんが、実際はもっと軽い感じで「いってらっしゃい」としています。

親族との関係を大切にする

親元離れて周囲から理解されにくい生活をしているので、何も意識せずに過ごしていると「大丈夫だろうか?」と心配されることがあります。
(そもそも、もくもく作業デートとか言っている時点で、頭がおかしい)
なので、定期的に実家に帰る、電話をかけるなど、無用なところで心配をかけないような行動が大切だと思っています。
そうしておかないと、せっかくの里帰りの時、私生活について小言をたくさん言われて水を差されるかもしれません。

おわりに

惚気話になったような、なっていないような、よくわからない記事になってしまいましたが、私が言いたいのは「エンジニア夫婦はいいぞ」ということに尽きます。

f:id:muramurasan:20150922114204j:plain

私の妻に限らず、エンジニアは素直な性格の人が多いので、男女問わず、パートナーとしてオススメします。

妻・夫を愛してるITエンジニア Advent Calendar 2016。明日は、masanori_msl さんです。